日本語ボランティア「窓」は、
札幌市内で日本語学習を
サポートしている
ボランティア団体です。


設立は1993年。
札幌でも長い歴史を持つ
日本語学習ボランティアグループとして、
現在、札幌留学生交流センターで、
日本語を学びたい外国人の皆さんのお手伝いをしています。



2017年 夏の交流会

2017年7月22日(土)に札幌留学生交流センターで開催しました。
学習者とご家族、会員など112名の参加者があり、会員と学習者が一緒になって歓談し、学習者の皆さんによるお国自慢の楽器演奏や歌、踊りなどを楽しみました。

 [過去のイベントのフォトアルバム]



● 日本語を再認識

 「窓」の活動を始めた頃、自分の日本語に対する知識が余りにも無い事を感じ、勉強したいと探していた所、家の近くの札幌国際大学が社会人に開放している講座が有る事を知り、その中で日本語に関する講座で、3年前に一度、今年の前期に「日本語研究Ⅰ」の講義を受講しました。
 概要は、日本語の語彙と文法の二つの観点から、言葉の表す「意味」について考える内容でしたが、担当教授が日本語は「配慮の言語」と言えるのではないかという話が有り、違う観点から日本語の難しさ、面白さを再認識しました。

監事:畑中 雅二


タイトル横の写真を募集中!
 デジカメで撮った四季折々の風物画像や活動の様子などをこちらまで送信ください。学習者の方の投稿も大歓迎です。
※現在の画像:「北大イチョウ並木」(2017年10月、Mitsukoさん撮影)
[会員の過去の投稿写真はこちら


● 美(うつく)しい季節(きせつ)

 台風(たいふう)が去(さ)り、青(あお)い空(そら)の下(した)に紅(あか)い「ななかまどの実(み)」が美しい季節になりました。
 これからは、木(こ)の葉(は)も赤(あか)や黄色(きいろ)に変(か)わり、わたしたちを楽(たの)しませてくれます。
 雪虫(ゆきむし)がとびはじめると、もうすぐ冬(ふゆ)。外(そと)はさむくなりますが、あたたかいお部屋(へや)の中(なか)でみなさんは日本語(にほんご)の勉強(べんきょう)をすることでしょう。「窓(まど)」は、そんなみなさんのお手伝(てつだ)いをするところ。
 さむいときでも、あたたかい心(こころ)でみなさんをまっています!

交流委員(こうりゅういいん):
田中 由美子(たなか ゆみこ)


「よくある質問(しつもん)<FAQ>」
 日本語学習(にほんごがくしゅう)を希望(きぼう)される外国(がいこく)の方(かた)から、よくお問(と)い合(あ)わせのある質問(しつもん)をまとめました。こちらをお読(よ)みください。





■「学ばん会」の休みは、こちらで確認できます。
■携帯電話用のページもあります。こちらから携帯電話へURLを送信できます。
■更新履歴はこちらです。

00099292

Yesterday: 24 Today: 1
当ウェブサイトにリンクをされる場合は、お手数ですがフォームにてご連絡ください。
日本語ボランティア「窓」 All Rights Reserved. UPDATE : 2017/11/01